矯正治療と抜歯

抜歯が必要になる場合がある事をご存知ですか?矯正治療をお考えの方へ

矯正治療をお考えの方から「抜歯しても問題ないのですか?」、「矯正治療をする為に抜歯が必要なのですか?」というご質問をよく受けます。

症例にもよりますが、実際ミックデンタルクリニックで矯正治療を受ける患者さんの約8割が抜歯をして矯正治療を受けています。
もし治療をお考えであれば、その前に“抜歯”についての疑問や不安を、このページで少しでも払拭できればと思います。

抜歯について

矯正治療の目標は“きれいな歯並び”だけではありません

矯正治療と聞くと、まずイメージするのが“きれいな歯並び”にする為の治療だと思いますが、実際、歯並びが改善されるという事は、咬み合わせや横顔の面でも大きな変化が生まれます。
治療の目標を“きれいな歯並び”だけ重視して、歯を抜かずにアゴを広げ矯正しようとすると、歯は元の位置より前へ前へと出てきてしまい、結果的に“きれいな歯並び”は得られても、口元が飛び出してしまうといった、まるでカッパのよう口元になってしまいます。(通称カッパ矯正と言われるものです。)
矯正治療が目指すのは、“きれいな歯並び”だけではなく“機能的に調和した美しい歯並びと口元”です。単に歯を並べるだけでなく、顔のどこに前歯を位置づけるかが重要で、アゴの動きや噛む機能を総合的に整える必要があるのです。

抜歯は必要なの?~日本人と欧米人の違い~

元来、日本人などのモンゴロイド系の人種は、歯が厚く、また頭(頭蓋骨)は奥行きが短くぺたんとした“短頭形”で歯が収まる奥行きが少ない為、歯並びが凸凹になる確率が高い人種なのです。このように、歯並びは頭の形から決まっていきます。ちなみに、欧米人は、奥行きの長い“長頭形”です。日本人の場合、歯科矯正を行おうとすると、7~8割は抜歯をしなければ矯正治療が行えないケースだと言われており、歯を抜かないで行えるケースは少ないのです。

『歯を抜かないで治療ができる』という言葉は、誰もが喜んでしまう言葉です。
もちろん、抜歯無しで矯正治療行えるケースもありますが、場合によって、抜歯をさけて矯正すれば、口元が飛び出してしまうカッパ矯正になってしまう可能性もあります。歯科医に『本当に抜かなくて咬み合わせや側貌は大丈夫なのか』について十分に説明してもらい、納得してから治療を受ける事が必要といえるでしょう。

口元の美、そのヒミツは“E-ライン”

顔の美しさとは輪郭であり、特に側貌の形が重要です。つまりキレイの秘密は横顔ということ、正面から見た顔だけではないのです。
では、何が横顔の美しさの「決め手」となっているのでしょうか。実は、「鼻から顎にかけての形」が決め手なのです。ですから美容整形や矯正歯科においは、鼻の先端から顎にかけての形をとても重要視し、ここを結ぶ直線をエステティックライン(E-ライン)と名付けて美しさの基準にしています。日本人の場合、もともと口元がEラインより出ている人が多い傾向にあります。
矯正治療で歯並が良くなるのは当然ですが、私たちは歯並びだけを治しているわけではありません。できるだけE-ラインの中に口元が収まるように、美しさに配慮したトータルな矯正治療を心がけています。