口臭予防

  • 口臭予防
  • TOP>

歯医者でできる口臭予防

虫歯チェック、治療

進行した虫歯はもちろんですが、合わない詰め物、被せ物、義歯なども口臭の原因となります。進行が進む前に、おかしいなと思ったらすぐに歯医者にて診察・治療を受けましょう。

保険治療についてはコチラ≫

歯周病チェック、治療

歯周病は口臭に悩む約8割の人にみられる歯の周りの病気です。歯垢(プラーク)中の歯周病原菌が原因で、歯肉の腫れや出血などの症状が現れ、さらに進行すると歯を支えている骨(歯槽骨)が壊され、ほっておくと歯がグラグラになり抜けてしまいます。症状がなくても定期的に検査を受け、早期に発見、治療することが重要です。

歯周病についてはコチラ≫

PMTC(歯のクリーニング)

歯周ポケット(歯と歯ぐきの溝)など歯ブラシが届きにくい部分は、毎日のセルフケアだけでは汚れを完全に落としきる事は出来ません。PMTCとは、歯科医院で行う専門的な歯のクリーニングの事です。研磨剤と専門器具を使って虫歯菌を含む歯垢や歯石、小さな隙間にたまった食べカスなどを徹底的に取り除き、仕上げに歯の表面にフッ素を塗布することで、口腔内を清潔に保ち、虫歯・歯周病と言ったお口のトラブルを効果的に予防します。

※効率よくフッ素を浸透させるために、治療後30分は飲んだり食べたり、うがいをしたりしないようにお願いします。

治療イメージ
料金

PMTC  所要時間:約30分  料金:1回¥5,400

日頃のケアも大事!歯磨きで口臭予防

歯磨きの目的は、「プラーク」と呼ばれる歯垢を取り除くこと。正しい歯磨きをしていれば、口臭の原因となる歯垢も自然と取り除くことができます。正しい歯磨きのポイントは『タイミング』と『基本の磨き方』です。毎日の歯磨きにとりいれて、日頃から虫歯や歯周病に気をつけましょう!

歯磨きのタイミング

1・食事の後!食べたら歯磨きの習慣を!

2・寝る前の歯磨きはより丁寧に!

歯ブラシの画像

基本の磨き方

歯一本一本、順番にみがく事。1か所を20回以上、歯並びに合わせて歯磨きしましょう。

1.毛先を歯の面にあてる事を意識しましょう。
ハブラシの毛先を歯と歯ぐき(歯肉)の境目、歯と歯の間に、きちんとあてる

2.力の入れすぎに注意、軽い力で磨きましょう。
ハブラシの毛先が広がらない程度が目安です。

3.歯一本一本の上で歯ブラシを小刻みに動かして丁寧に。
1~2本ずつの幅を目安に小刻みに動かし磨く事によって、
すき間の汚れもしっかりと落ちます。

4.舌も磨く。
舌の表面にもプラークが付着します。舌の表面をやさしく歯ブラシでなで洗いします。