ピンクバナー

セラミック治療で扱う材質

セラミック治療は用途によって選ぶことが大切

種類や値段も様々な自費補綴(ほてつ)。
何を選んだらいいか判断に迷いますが、身体の一部として長く使うものだからこそ、
特徴をしっかり把握して素材を選ぶことが大切です。

詰め物(インレー)・被せ物(クラウン)に適した材質

【 ハイブリッド(インレー・クラウン)】

ハイブリッド

表面と芯の両方ともプラスチック(レジン)とセラミックを混ぜた素材でできています。
保険適用のレジン(プラスチック様の素材)と保険適用外のセラミック(陶器)の中間の材料です。

レジンよりも変色しにくく自然な仕上がりで、セラミックよりも安価であるという利点がありますが、完全なセラミックではなく透明感に欠けるため、前歯の治療にはあまりおすすめ致しません。

強度、変色のしずらさなど、オールセラミックに劣りますが低価格なのが魅力です。

料金

ハイブリッド インレー    ¥30,000

クラウン    ¥50,000

【 メタルボンド(クラウン)】

メタルボンド

メタルボンドは表面がセラミック、内部は金属でできた被せ物です。

内部が金属でできているので、セラミックよりも強度が高く、変色もしにくいので、前歯・奥歯を問わずどこの歯でも使用でき、とてもよく使用されています。

しかし、金属が使用されているので、金属アレルギーのある方は使用が難しい場合があり、歯肉がやせてくると歯の根元部分の金属が露出し黒いラインが見えてくる場合があります。

芯が金属で硬いため奥歯に非常に適しています。

料金

メタルボンド クラウン   ¥80,000~

【 オールセラミック(インレー・クラウン)】

オールセラミック

表面と芯の両方ともセラミックのみでつくられた詰め物・被せ物です。
セラミックは天然歯の色合いや透明感を再現できる素材であるため、自然で美しい口元がよみがえります。

見た目、強度、変色のしにくさ、耐久性、体への優しさとどれをとっても非常に優れた材質で、金属のフレームを使用していない分、金属によるブラックマージン(歯と歯茎の間の黒いスジ)が出ません。

オールセラミックは、前歯・奥歯ともに非常に適しています。

料金

オールセラミック インレー    ¥50,000

クラウン    ¥100,000

神経治療した歯の土台となる材質

【 グラスファイバーコア(土台)】

グラスファイバーコア

重度のむし歯治療で神経を取った歯に被せ物をする場合、歯を補強するために土台(コア)が必要になります。
その土台の素材にグラスファイバーのピンを用いたものが、グラスファイバーコアです。

ファイバー繊維にしなりがあるので衝撃に強く、保険内の金属の土台に比べて歯根破折のリスクが下がります。
従来の金属の土台にあった「硬すぎる」「歯ぐきを黒ずませる」といったデメリットを払しょくしています。

治療事例

治療前
治療後
料金

グラスファイバーコア ¥10,000~¥15,000

歯の色や形を整えるための材質

【 ダイレクトボンディング 】

ダイレクトボンディングは、審美性の高い樹脂を直接歯に盛り付け、歯の形態や色を回復させたり、歯と歯の間にできた虫歯や隙間を修復させるための治療法です

保険内の治療ではレジンと呼ばれる材料で埋めていますが、レジンは徐々に変色してしまい、特に前歯では目立ってしまいます。
ダイレクトボンディングで使用するレジンは保険治療で使用するレジンよりも高品質で、色調やツヤが優れ、変色もほとんどしないので非常に審美性の高いものになります。

治療は2回の通院で完了しますので、緊急的な処置としてもおススメです。

治療事例

治療前
治療後
料金

ダイレクトボンディング ¥20,000~¥30,000

【 ラミネートベニア 】

ラミネートベニア

前歯の表面をわずかに削り、その部分に特殊な技術で制作した薄いセラミックを貼りあわせる方法です。
生まれつき歯が変色していたり、歯が小さい、歯が欠けたという悩みを解消します。

歯を削る量が少ないのが特徴で、より自然な色あいと形を再現し、永年の使用にも変色せず、健康的な白い歯の輝きで天然歯の美しさを保ちます。

治療事例

治療前
治療後
料金

ラミネートベニア ¥100,000