セラミック治療

  • セラミック治療について
  • TOP>

歯を白く美しくセラミック治療

「笑った時に見える銀歯が気になる…」「昔治療した差し歯の色が変色してきた…」「金属で歯茎が黒くなってしまった…」など、悩んでいませんか?

虫歯治療で入れた銀歯は、意外と他の人からも見えてしまうもの。
コンプレックスになってしまっている方も少なくありません。そんな口元の悩みを持っている方には、白い歯を手に入れるセラミック治療をおすすめします。
天然歯に近い見た目の詰めものや被せものを使ったり、すきっ歯のすき間を埋めたり、歯の形を整えたりする処置があります。
もちろん見た目だけではなく、機能面の改善や金属アレルギーなどに対して不安のある方も安心して使用できます。

歯周組織
セラミック治療のメリット
  1. 見た目が自然
  2. 金属アレルギーが起こりにくい
  3. 硬さが本物の歯に近い
  4. 長持ちする
  5. 歯ぐきの黒ずみが起こらない
    (セラミックのみの材質の場合)

あなたの悩みにピッタリの素材をご紹介

治療後も長持ちさせる為の取り組み

01 治療の前の歯周病チェック 歯周病は審美治療にとって天敵

歯肉が歯周病で健康な状態でないとどんなにきれいなかぶせものを入れても歯肉が痩せてきてかぶせ物との隙間が広がり、見た目が悪くなってしまたったり、何年後かには歯がぐらぐら動いてくることもあります。そうならないためにはセラミック治療をする前に歯肉を健康な状態にしておく基礎作りが必要です。

02 顕微鏡使用でリスク軽減 マイクロ単位の精度の高い被せ物

セラミック治療では支台形成(かぶせ物をセットするための土台作り)の際、歯肉との自然な調和が重要です。肉眼では正確に調整するのは難しいので、約30倍に拡大して見える歯科用顕微鏡を利用することで正確に調整可能となります。

被せ物を作る歯科技工士側でも、顕微鏡を使用して型にピッタリ合うものを製作しています。精度の高い被せ物が入るということは、隙間から虫歯や炎症になるリスクを確実に下げることができます。

歯周組織

治療の流れ

  1. STEP1 歯周病チェック・虫歯治療
  2. STEP2 歯のかたどり
  3. STEP3 形、色があっているかを確認してもらい、問題なければ治療終了

万が一の時も安心!トラブル時の保証対応について

当院では、治療後も4~6カ月に一度の定期検診を受けていただき、メインテナンスを通じて万全のケアをおこないますが、何事にも万が一のトラブルがあります。
そこで当院では、検診にいらしているにもかかわらず、トラブルが発生した場合の為、自費診療には5年間の保証をさせていただいております。

対応内容

・通常使用で、破損や脱落が発生した場合、対応期間に応じた負担率にて、再制作させていただきます。
※患者さま負担率5年以内20~50%、6年目以降全額負担となります。

ただし、次の場合は保証の対象外とさせていただきます。

  • ・新しい虫歯及び根の病巣の発生により、治療が必要になった場合
  • ・噛みしめ、歯ぎしりなどの癖の為に破損した場合(ナイトガードで軽減できます)
  • ・患者様の不注意や外傷によって破損、脱落が生じた場合
  • ・歯科医学的に明らかな所見が認められないにも関わらず、ご自身のご希望により、作り直しされる場合